読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒い箱の中のアレコレ

うっすーい映画の感想。

ザ・ギフト

2016年映画

f:id:bluesoybean:20161130215226j:image

2016年11月30日鑑賞。

◯◯◯、カッコ悪い。

 

 

 

楽しそうだったので観てみました。

ネタバレせずにはなんも言えねえ。

 

サイコスリラー。

あらすじは、リア充夫婦が引っ越した先で旦那の高校時代の友人に再会して、それから贈り物されまくったり色々します。

 

ジョエル・エドガートンはブラックスキャンダルに出てた人だー。監督脚本そして高校時代の友人役と忙しい感じでがんばってました。

真顔が泣きそうな感じで結構好き。

エドガートン氏以外に知ってる人が出てなかったので、素直に観られたというか。リア充夫婦は最初っからなんとなくいけすかない(庶民目線で)。

 

結局のところ旦那の因果応報。

嫁はとばっちり。嫁の隙のなさそうな正義感あんまり好きじゃないからこっちもまあいいか。

最後に、さあ誰の子供か?ってなって終わるんだけど(思い切りネタバレ)、どっちでもいいかなあ。旦那の子供だとしてももう嫁に愛想つかされてるし仕事も失っちゃったし。DNA鑑定もしようと思えばできるし。

狂気って意味ではあんまりインパクトあることしてない気がします。

そのぶん映像はなかなかビビるシーンあった。グロいシーンは全く無かったけど。

 

仕事の後で疲労度高い(眠い)状態で観たけど、退屈しなかったし寝ませんでした。2回目は観ませんが。

 

 

 

ジョエル・エドガートン

つぶらな目が

かわゆい